家でも出来るお勧め野球の自主トレメニューはなに?練習時間や注意点も紹介!

野球

自主トレ方法が分からない!

皆さん自宅でどんな自主トレをしていますか??

「とりあえずやっているから、あまりメニューについては考えていない」[気が向いたら練習をやる。」という方も多いと思います。そんな気持ちでは絶対に上達しません。同じポジションを争っているライバルにも勝てないと思います。

野球を上達するうえで自主練を必要不可欠です!チームの全体練習は、基本皆同じ練習をしていると思うので、個人差はあると思いますが大きく差は開きません!では、どこで差を開いていかないといけないのか??

それは自宅に帰っての自主トレが大事だと思っています!

 

私も練習がきつくれ自主練をさぼった時期がありました。すると同じポジションで争っていたライバルにレギュラーを取られた時期がありました。その時悔しい気持ちと「あの時家でも頑張っていたら取られなかったかもしれない」という後悔がありました。

皆さんは後悔をしないためにもしっかり自宅での自主トレを頑張んばってもらいたいです!ただ単に練習するのではなく内容の濃ゆい練習をしましょう!

今から紹介する練習は、私が実際に学生時代行っていた、自宅でも出来る簡単自主トレを紹介させてもらいます!

打撃と守備に分けて紹介させてもらいたいと思います!

お勧めの自主トレ方法

打撃

①素振り

 皆さんも一度は自宅で必ずやったこともある素振りです。「こんなの誰でもやってるわ」と思われている人も多いと思います!ですが、素振りも内容次第ではいつも以上に良い練習になります!

1)あらゆるピッチャーを想定する

2)コース、変化球をイメージする

3)ランナー、アウトカウントを想定する

です。皆さんは素振りを何も考えず無心でやっていませんか?その練習も意味ないとは言いませんが、色んな場面を想定してスイングをするだけでもっと良い素振りを出来るようになります!様々な場面によってスイングも変わってくるので、とても良い練習です。

②シャトルバッティング

チームの練習でもやっている所があるのではないかと思います。野球グランドやバッティングセンター以外でボールの打つのは危険なので難しいですが、野球ボールの代わりにバドンミントンの羽を用いてのバッティングでは羽もボールみたいに遠くまで飛ぶ可能性はありません。また、ボールと一緒でバットの芯に当たらないと遠くには飛べません。実際にプロ野球で活躍している山田哲人選手も小学生の時は自宅の外でシャトルバッティングをされていたそうです!

※狭い場所や人通りが激しい場所では危険なので、場所をしっかり選んで行ってください。

③竹竿での素振り

元巨人の高橋由伸選手も実際に現役時代に行っていたそうです。この練習は、スイングスピードの向上を目的に行う練習です。いくらタイミングを取るのが上手でもスイングスピードが遅いと安打の確率は減ります。なので、その弱点を解消するためにも必要な練習だと思います!

④ティーバッティング

自宅でティーバッティングをするには、専用のネットを買わないといけない可能性がありますが、これもお勧めの練習です。私の家は一軒家だったため、自宅の庭で親に投げてもらって練習をしていました。この練習は、費用も多少掛かります。また、自宅の環境によっては出来ない所もあるので、①~③の方が低コストで自主練は出来ます。

守備

①壁当て

自宅や近所の空き地を使って壁当てを良いかと思います。1人ではキャッチボールも難しいしノックも出来ません。壁当てなら、多少物足り無さはあると思いますが、キャッチボールやノックの代用が出来るのではないかと思います。

②ボール転がし

この練習は、ゴロを捕球する際の基礎の形を覚える練習です。腰が高かったり、足が開いてなかったり、ボールを最後まで見ていないとゴロを綺麗に捕球することは出来ません。また、捕球してからの投げる体制も大事です。ここでは紹介しませんが、現在YouTubeで沢山ボール転がしの方法を載せている方がいます。その動画を参考にして行ってみても良いと思います!この練習は2人以上で行うのが最適ですが、いつも出来るとは限りません。なので、壁当てで行うのも良いのではないかと思います!

③リアクションボール

このボールは、転がすとデコボコの形状でいつ跳ねるか、左右どこに行くのか分からないボールです。ゴロは、イレギュラーな打球が付き物です。練習中のノックではわざとイレギュラーなボールを打つのは無理です。なので、前もって練習することで、いざどんなゴロが飛んできてしっかり対応できるようになるのではないでしょうか!!

その他

①ラダートレーニング

 

②野球のルール本を見る

 

③動画で上手い選手の動画を見る

 

④ストレッチ

 

練習時間はどのくらい?

私は時間の設定はしていませんでした。ですが長時間の練習は行わず短時間集中で自主トレを行っていました!長い時間やると集中力が切れていしまい練習の意味がなくなるからです。

自主トレでの注意点

①休養も必要

「上手になりたい」という向上心で沢山自主トレに励むことは良いと思いますが、練習をしすぎて怪我をしてしまったり体調を崩してしまったらせっかく頑張ったのに台無しになってしまいます!なので適度な休憩・休養も大事です!「今日頑張ったら明日は休もう」など、まずは自分のペースで行ってみても良いと思います!

②食事をしっかりとる

食事も大事な練習の一つです。これは、監督やコーチ、両親にも口酸っぱく言われていました。年齢が増えていくたびにその言葉が分かってきます。いくら練習をしても栄養補給をしてなければ身体は成長しません!

最後に

少しは参考になったでしょうか???

自主訓練は本当に大事な事です!無理をせず、自分のペースで頑張ってください!

今回は以上になります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました